PHOTOブログ sony STF(135mm)

【STF×蓮】STF135mmレンズで空が似合うハスの花を撮影。

2019/01/28

α7ⅡとSTF135mmレンズで蓮の花を撮影に行きました。

α7ⅡとSAL135F28を持って、ハスのお花を撮りに行きました。場所は長野県木島平村の稲泉寺(とうせんじ)です。飯山市からも近いのですぐに行く事ができました。

ここのお花は2000年前の古代蓮である「大賀蓮」という種類で、お寺の周囲にあるハス田にはかなりの数の花がありました。若干つぼみの花がみられましたが、花びらが開いたお花も多くありましたのでそろそろ見頃と言っていいと思います。

今回はこちらの花を撮ってみたのでアップしたいと思います。
なかなか綺麗なお花で色んなレンズを試したかったですが、STFレンズ1本で撮影しました。
それでは作例をご覧くださいませ。

 

α7ⅡとSTFで撮影した稲泉寺の蓮3

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:F8 RAW現像

最初に目についた蓮のお花です。
花が大きくてとても見事に咲いておりました。
たくさんのアマチュアカメラマンさんがいらっしゃいました。


α7ⅡとSTFで撮影した稲泉寺の蓮2

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:F8 RAW現像

お寺の稲泉寺のトタン屋根とハスを撮りました。
天気も良くてなかなか写真日和でした。
コントラストを上げてコテっと仕上がってます。


α7ⅡとSTFで撮影した稲泉寺の蓮1

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:F8 RAW現像

WBを変更してちょっと紫っぽい色合いにしてみました。
135mmの極薄の被写界深度ですが絞って全域でパリッとさせています。
このレンズの解像のピークはだいたいF8前後と感じてます。


α7ⅡとSTFで撮影した稲泉寺の蓮4

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:F8 RAW現像

絞り値はF8なんですが、背景がとてもいい感じにボケていてお気に入りです。
つぼみも結構かわいいと思いました。しかし青空に合う花ですね~。


α7ⅡとSTFで撮影した稲泉寺の蓮5

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:F8 RAW現像

陽をあびてとても嬉しそうですね。
葉も花も大きくて鮮やか。特に彩度をほんのちょっと足すと
目で見たイメージに近づく気がしました。


α7ⅡとSTFで撮影した稲泉寺の蓮6

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:F4.5 RAW現像

こちらは2つのお花を撮ったものです。
こういう色味が好きなんです。


α7ⅡとSTFで撮影した稲泉寺の蓮7

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:F8 RAW現像

余談ですが、お寺ということもあってか、お客さんの年齢層は高そうでした。
でもこんな見事なお花を無料で見れるのはとても楽しい気分ですよ。
蓮の他にもお寺の外観や、池の錦鯉や小川、あじさいという良い被写体がありました。
僕はSTFレンズ1本で来てましたので花に特化してやってましたが、レンズが欲しくなりました。


α7ⅡとSTFで撮影した稲泉寺の蓮8

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:F4.5 RAW現像

これは花が開く前なんだと思いますが、とても白が綺麗で撮りました。
開く前でもとても良い雰囲気を持ってると思うんです。
蓮は色々楽しませてくれますね。ファンが多いのはわかる気がします。


α7ⅡとSTFで撮影した稲泉寺の蓮9

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:F4.5 RAW現像

濃い青色の紫陽花をバックに撮ってみました。
花びらがピンクなので青いものを背景にすると綺麗ですよね。
STFレンズの自然な背景ボケもあってとても被写体が引き立ちます。


後記

身近なスポットに行ってはカメラを向けてますが、気軽にフルサイズの一眼を持ち出せるからこそだと思います。そういう意味じゃこういうスナップではα7Ⅱはかなりよい選択だと考えます。
それにしてもSTFのボケはなかなか良いですね。特に花を単品で撮るときは最強なんじゃないかと思います。135mmというのは制約というか使える範囲も限られますが、最大限使い切れる使い方をすることでレンズの良さを活かした素晴らしい作品ができるような気がします。それにむけて腕を磨こうと思っています。

それと木島平村なんですが、、名水も湧くほど水が綺麗なんです。前回のホタルでもありましたが、水や空気がとても澄んでいます。お米も有名ですしね。そこに咲く花は大変見事です。他にもスポットがあれば当然攻めてみたいと考えています。

-PHOTOブログ, sony STF(135mm)
-, , , , , , ,