PHOTOブログ sony STF(135mm)

【STF×山上湖】STFレンズで希望湖と森を撮影してみた。

2019/01/28

晴れた朝に希望湖に行ってきました。(長野県北部)

飯山市の斑尾高原にある「希望湖」(のぞみこ)はとても綺麗な湖で、釣りなどでも有名です。近所にはナウマンゾウや遊覧船で有名な「野尻湖」があります。

今回はこの希望湖の周辺を散歩しながら軽く撮ってみましたのでアップしたいと思います。レンズはSTFのみです。この日は少し眠かったですが、どんなのが撮れたでしょうか?

それではいってみましょう。

「希望湖のボート小屋」

名称未設定 (11 - 16)

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:T4.5
SS:1/500  ISO:100 露出補正:+0EV
WB:AUTO RAW編集

斑尾高原にあるこの希望湖は、それほど大きくない湖ですが、透明度が高くとても綺麗な湖です。
周囲は緑が多く、散歩するととても気持ちが良いです。これは歩きながらボート小屋方面を撮影してみた写真です。135mmでは広く写せませんが、ポイントごとに切り取る使い方ならOKですね。


「木洩れ日と葉っぱ」

名称未設定 (7 - 16)

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:F8
SS:1/160  ISO:500 露出補正:+0EV
WB:AUTO RAW編集

木洩れ日の中にあった綺麗な葉を撮影しました。青々とした葉が気に入りました。
湖を一周できる歩道はいろんなものがありました。


「迫力のある白樺の木」

名称未設定 (10 - 16)

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:T4.5
SS:1/500  ISO:100 露出補正:+0EV
WB:AUTO RAW編集

白樺の樹があったので撮りました。青空とよく似あいますよね。
丈夫にはカッコウが空けたのか、巣穴のようなものも見えます。


「散策路から見る希望湖」

名称未設定 (6 - 16)

 α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:T4.5
SS:1/500  ISO:100 露出補正:+0EV
WB:AUTO RAW編集

林の中から湖を撮った画像です。新緑もちらほらあって綺麗です。湖面は穏やかで、ボートに乗る人も多く見られました。ほんと癒される湖ですねぇ。


「湖畔に咲くムラサキツメクサ」

名称未設定 (12 - 16)

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:T4.5
SS:1/500  ISO:100 露出補正:+0EV
WB:AUTO RAW編集

何気に好きな花です。あまり多くの花は咲いていませんが、こういった小さなお花がちょこちょこと咲いていました。かなりローアングルに構えてます。


「風に揺れる葉っぱ」

名称未設定 (9 - 16)

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:T4.5
SS:1/500  ISO:100 露出補正:+0EV
WB:AUTO RAW編集

林の中でまたカッコいい葉っぱを見つけました。光の加減でとてもいい感じの画になったと思います。山に来たなら、山にあるものすべてを注視して見るべし・・・的な。
薄暗いシュチュエーションは絶対順光でやりましょう。


「湖に浮かぶ切り株」

名称未設定 (8 - 16)

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:F8
SS:1/160  ISO:100 露出補正:+0EV
WB:AUTO RAW編集

いつもは1点集中でSTFの開放を多く使うのですが、風景など全体的にピントを合わせたい時は通常のF8付近まで絞って使っています。そうすると広い被写界深度になってカリっとシャープに仕上がります。この画像だと広めにピントが合っていて、水面に映る切り株すらはっきり見ることが出来てます。


「フナの稚魚たち」

名称未設定 (3 - 16)

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:F8
SS:1/160  ISO:200 露出補正:+0EV
WB:AUTO RAW編集

小さな池に稚魚たちがいたのでパシャり。近づくと逃げてしまうお魚も、135ミリの焦点距離があればだいぶ楽ちんです。木陰からそっと撮影しました。フナたち、かわいいですね。


「湖面と葉っぱ」

名称未設定 (5 - 16)

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:F8
SS:1/160  ISO:400 露出補正:+0.3EV
WB:AUTO RAW編集

湖面を背に、1枚の葉っぱを撮りました。STF特有の滲むようなボケを発揮しています。また接写はマクロレンズ並の解像力を発揮するSTFレンズなので、やはり被写体はクッキリ撮れました。撮影後に露出を補正しております。


「斑尾山と希望湖」

名称未設定 (2 - 16)

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:F8
SS:1/160  ISO:200 露出補正:+1EV
WB:AUTO RAW編集

背景にある大きな山はおそらく斑尾山でしょう。冬はスキー場になって賑わいます。
この希望湖は人里離れているので自然が身近に感じるよい湖です。散歩には丁度いいです。


「湖に浮かぶ木」

名称未設定 (4 - 16)

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:T4.5
SS:1/250  ISO:100 露出補正:+0.3EV
WB:AUTO RAW編集

こういう何気ない物をいかにドラマチックに撮るのか、というのもテーマとして考えたりもしますが、ふつーに勢いで撮ることが多いですね。たまたま木の葉が前ボケで入ったので画として良い感じになりました。STFレンズはやはり前ボケも良いですね。水面を撮るならNDフィルターなんかも持っていけば良かったと後悔してます。


まとめ

今回はお花とあまり会えなかったので、カッコいい葉っぱばかり撮ってました。色々と完成度は低いですが、とてもよい撮影になったと思います。何よりネイチャーな感じがして散歩してて気分が良かったです。たまにはこういったところでぼーっと過ごすのも大事なんでしょう。日々仕事に追われ、ストレスが多い人は特に・・・。森には癒すチカラがたくさんあるように思いました。

 

-PHOTOブログ, sony STF(135mm)
-, , , , , , , , , , , , ,