PHOTOブログ sony STF(135mm)

【STF×バラ】STFレンズで薔薇の生き生きとした表情が撮れる!

2019/01/28

薔薇をSTF135で撮影したところ、生き生きとした花の表情が撮影できました

信州の中野市で行われているバラまつりに行って見ました。あまりたくさん撮影している時間が無かったのですが、天気も良く、花たちも喜んで咲いている様でした。有料だけあってとてもよく管理がなされ、開花状況も素晴らしかったです。

というわけでα7Ⅱ+LA-EA3+SAL135F28で撮ってきた元気なバラの画像をご覧ください。

 


「定番の赤いバラ」

α7ⅡとSTF135で真っ赤なバラを撮影

真っ赤なバラが綺麗でした

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:T4.5
SS:1/320  ISO:100 露出補正:+0EV
WB:AUTO RAW編集

バラまつりなので沢山のバラの花がありましたが、定番の赤いバラはやはり好きです。初夏っぽい日差しを浴びて生き生きとしています。
STFレンズの性能を活かすなら、1本だけにフォーカスして背景をボカすのが正攻法だと思っています。濃厚な赤も写し切る色味もとても良いです。

 


「鮮やかに咲き誇るピンクのバラたち」

鮮やかに咲き誇るバラたち

鮮やかなバラたちが出迎えてくれました。

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:T4.5
SS:1/320  ISO:100 露出補正:+0EV
WB:AUTO RAW編集

最近のバラまつりは入場料として500円がかかりますが、園内のバラの数や美しさを考えると全く高額ではありません。年々規模が増えてきて、行くたびに感動します。そしてバラの良い香りが立ち込めていますから、癒し効果も抜群です。

 


「美しい紫色のバラ」

紫色のバラもとっても綺麗でした

珍しい紫色のバラもありました

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:F6.3
SS:1/160  ISO:250 露出補正:+0EV
WB:AUTO RAW編集

バラは種類も豊富ですし、色もたくさんありますね。花に詳しくなくても見ているだけで楽しいです。紫はなんとなく珍しい?でしょうか。ちょっと寄って撮ってみました。
ぜひお花を見て楽しみ、さらに名物っぽい「バラソフト」というアイスも食べて頂きたいです。

 


「ビタミンカラーのバラ」

α7ⅡとSAL135F28で撮った黄色いバラ

元気をくれそうな色のバラは良いですね

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:F8
SS:1/160  ISO:100 露出補正:+0EV
WB:AUTO RAW編集

バラまつりの楽しみはたくさんあると思います。色々なバラを探して見て楽しむことも1つですが、香りを楽しんだり、アイスを食べたり、ステージイベントを楽しんだり、子供がいれば遊具でちょっと遊んだり、帰りにお土産としてバラや名産品を買ったりすることができます。

僕の場合だとメインは写真を撮ることなので、園内で被写体となるバラを探して、構図を決めて三脚立ててレンズを選んで・・・とそんなことはしません。。散歩しながらキレイだな~と思ったら勢いでパシャり。そんな気ままな感じですが楽しいです。

 


「満開の薔薇のアーチ」

α7ⅡとSTFレンズで撮った薔薇のアーチ

キレイ過ぎて絶対くぐりたくなるアーチでした。

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:T5.6
SS:1/250  ISO:100 露出補正:+0EV
WB:AUTO RAW編集

薔薇のアーチがあったので撮ってみました。あえて全体を写さなかったのは、アーチの奥にもオレンジのバラがあって背景にしてみたかったからです。
園内にはこういった高さのある展示もたくさんあって、じっくり見れませんでしたが撮りたいお花が山の様にありました。この写真の様に細かなバラがたくさんあるのも素敵でした。

 


「1本の白いバラ」

STF135レンズで白いバラを撮影しました

ぽつんと咲く白いバラにとても惹かれました

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:F6.3
SS:1/250  ISO:100 露出補正:+0EV
WB:AUTO RAW編集

木陰で見事に咲いた白いバラを見つけました。ゴージャスな感じもあるし、ちょっと魅惑な感じも受けました。とても気に入ったお花です。
花びらの輪郭をシャープに写したかったので木陰ですがちょい絞っております。まぁこんな程度ならα7Ⅱの5軸手ブレ補正もあるので全く心配ありませんが。

 


「薔薇の中の銅像」

α7ⅡとSTFで撮影したバラと銅像

美しく咲く薔薇のなかに佇む裸像さんです

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:T4.5
SS:1/500  ISO:100 露出補正:+0EV
WB:AUTO RAW編集

なんとも可愛らしい銅像を見つけて撮りました。この子の周囲にはこれでもかと言わんばかりの色とりどりのバラがあって、とっても画になりました。
銅像のちょっと古びた質感なんかも再現されており、STFレンズの性能の高さを実感しました。

余談ですが、僕がこれを撮った後、近くにいた一眼レフおじさんが何人か同じような構図で撮って行きました。恥ずかしかったのかな・・・。

 


「謎の植物(おまけ)」

STFレンズで謎の植物を撮りました

これはなんという植物でしょう??

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:T4.5
SS:1/320  ISO:100 露出補正:+0EV
WB:AUTO RAW編集

薔薇ではなさそうなよくわからない植物を撮ってみました。バラ園内にあったのですがなんか珍しい色と形でした。
STF開放で寄ったので背景のバラたちが強く滑らかにボケております。STFレンズはボケが評判ですが、こういう風に撮ると他のレンズとの違いがよくわかりますね。被写体を浮き立たせるような美しいボケだと思いました。

 


まとめ

・バラまつりは撮影以外にも楽しいことがたくさん。
・STFレンズがあれば生き生きとしたバラの表情を写し切ることができる。
・被写体もバラ、背景もバラというのも楽しい。
・たくさんのバラを撮るも良し、単品を撮るも良し。
・沢山のバラを収めるには広角が欲しくなるが、STFならではの画角で良い撮り方もできるはず。
・薄暗い場所ではα7Ⅱの手ブレ補正が頼もしい
・前ボケも背景ボケも唯一無二と言われる美しいボケを楽しめる

 

-PHOTOブログ, sony STF(135mm)
-, , , , , , , , , , ,