PHOTOブログ sony STF(135mm)

【STF×桜】その場の空気まで写すSTFレンズで撮ってみた

2019/01/28

その場の空気すら写すSTFレンズで撮影した「桜」の写真まとめ

近所で桜が咲いたので、STFレンズこと135mm F2.8 [T4.5] STF(SAL135F28)をα7Ⅱに装着して撮ってみました。(マウントアダプターはLA-EA3)

桜のお花を中心に、STFを使った美しいボケ+柔らかな色味の桜をテーマに、いくつかお気に入りの写真が撮れたのでアップしたいと思います。
ボケ表現だけでなく、その場の空気まで切り取ったような臨場感もお楽しみ頂ければと思います。

 


「庚の枝垂れ桜」

STFで撮った樹齢300年の名木「庚の枝垂れ桜」の画像

樹齢300年の名木、「庚の枝垂れ桜」

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:T4.5
SS:1/250  ISO:100 露出補正:+1EV WB:AUTO
RAW編集

長野県木島平村の庚(かのえ)という場所にある古木のしだれ桜です。なんと樹齢300年超えしていることもあり、村民に愛されるサクラだそうです。

これは枝の先っぽのあたりにクローズアップして撮影しました。STFですから背景の林は理想的なボケになり桜を引き立ててくれています。しかも空気の透明感の様なものも写し出してくれていますね。
歴史ある桜の樹ですから全体を収めたりもしましたが、残念なことに周囲に建物や電線があったりしてあまり良い画になりませんでした。そしてSTFレンズの焦点距離が135mmなので大木を写し切るには相当離れないとならない事も撮影スペース的にネックになりました。


「春の陽を浴びる桜の花」

STFレンズとα7Ⅱで撮影した桜の花の画像

陽を浴びて喜んでいるような桜の花です

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:T4.5
SS:1/1250  ISO:100 露出補正:+0.0 WB:AUTO
クローズアップレンズ RAW編集

先日、近所で満開となった桜を撮った写真になります。
クローズアップレンズでちょっと寄って撮りました。こうすると被写体以外のボケが大きくなりますから背景にある他のサクラの花もボケて、全体的に淡い感じの綺麗な画になったのだと思います。少しだけ空が見えているのも良いのかもしれません。


「透明感のあるサクラ」

STFレンズとα7Ⅱで撮った透明感ある2016年の桜の花の画像

透明感のある桜の花

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:T4.5
SS:1/500  ISO:100 露出補正:+0.0 WB:AUTO
クローズアップレンズ RAW編集

こちらも近所をお散歩しながら撮った桜の花です。
日本人ですから、桜を見るとテンションが少し上がります。

淡いピンクがとても綺麗でしたので、画像の色温度を下げて透明感や空気感の中にサクラを浮き立たせるような感じを目指しました。
後ろにある太い桜の枝なども自然にボケているのが良かったです。それと太陽の光が漏れて当たっている花びらが特に綺麗に感じました。


「濃いピンク色の桜」

STFレンズで撮った濃いピンクの桜の画像

公園の濃いピンクの桜

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:T4.5
SS:1/400  ISO:100 露出補正:+1EV WB:AUTO
RAW編集

これは木島平村の「ケヤキの森公園」の桜の木です。地元ではちょっとした桜の名所になります。この木はちょうど見ごろで、濃いピンクが印象的でした。

今回は接写ではなく、サクラの樹を全体的にフレーミングしようと思いまして、だいぶ引いて撮りましたが収まり切れてません。
しかも開放のT4.5でなんとなく撮るのは失敗だったかもしれません。普通は絞って花(木)全体にピント合わせてクッキリさせますよね。
でもこういった構図にするとサクラの樹の迫力というかダイナミックさが出て良いです。色々と実写しながら更に勉強していきたいと思います。ちなみに背景の田舎の風景も気に入ってます。


「群れずに、可憐に」

STFにクローズアップレンズを付けて撮影した桜の花

可憐に咲くサクラの花

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:T4.5
SS:1/400  ISO:100 露出補正:+1EV WB:AUTO
クローズアップレンズ RAW編集

こちらは凄く気に入っている桜のお花です。
少しだけ花がついた枝があったので撮ったのですが、柔らかくとても可愛らしい感じに撮れました。
曇り空でしたし、撮った後悩んだのですがWBを多少補正しました。それによりクッキリしたピンクと背景の薄暗さが相まって、自分としては趣を感じる作品になったかな、と思います。
ご覧の通り、桜の花の撮影にはクローズアップレンズはとても重宝します。
ご興味ある方は「クローズアップレンズで接写」の記事も参照ください。


「菜の花畑を背景に」

飯山市菜の花公園の菜の花を背景に桜を撮影

菜の花畑をバックに桜を撮影しました

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:F8
SS:1/160  ISO:250 露出補正:+1EV WB:AUTO
クローズアップレンズ 無加工(リサイズのみ)

飯山市の菜の花公園で、菜の花畑を背景に桜の花を撮影してみました。
これもポートレートマクロ的な撮影ですが、なかなか綺麗に撮れました。絞りをF8にして桜の花の細部まで広くピントを合わせています。それでも背景は綺麗にボケて良い感じになりました。


「空と桜」

青空の下で生き生きとした桜の花を接写した画像

青空の下で生き生きとした桜の花を接写

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:T4.5
SS:1/640  ISO:100 露出補正:+1EV WB:AUTO
クローズアップレンズ 無加工(リサイズのみ)

晴天ではレンズに光が回ってとても解像感が増しますね。桜などの花も綺麗に撮ることができました。ピンクの桜は空を背景にするとより可愛らしくなります。そしてSTFの自然なボケが柔らかな印象を与えてくれます。
RAWデータに手を加えず、リサイズして出しております。


まとめ

・STFレンズはその場の空気感、透明感、臨場感も再現できる。
・135mmという中望遠的な画角はデメリットになることもある。
・少し引いて大きな樹を撮るとダイナミックな画も撮れる。
・自然かつ理想的なボケは被写体を浮き立たせ、引き立てる。
・ピントが合う部分はなかなかシャープ。サクラも綺麗に写す。
・クローズアップレンズがあればマクロ的に接写できるので便利。

-PHOTOブログ, sony STF(135mm)
-, , , , , , , , , ,