PHOTOブログ sony STF(135mm)

【STF×野花】絶対カメラが楽しくなるSTFレンズで撮影しました

2019/01/28

絶対にカメラ撮影が楽しくなるSTFレンズで撮った野花の写真まとめ

お散歩中にSTFレンズことSAL135F28で撮った春の野花たちの写真をまとめてみました。
このレンズはアウトフォーカスが効いたポートレートなどに抜群の定評がありますが、野花などの撮影でもやはり威力を発揮してくれます。

掲載しているのは未熟な作例ではありますが、レンズの描写能力と使用カメラであるα7Ⅱの高い性能に助けられながら楽しんで撮ったものです。SONY αAマウントレンズの中では「神レンズ」とか「銘レンズ」と高く評されるSTFレンズですが、その一番の特徴である美しいボケだとか高い画質などに注目してご覧頂ければと思います。

 


「スイセン」

STFレンズを使って撮影したスイセンの花の画像

可愛いスイセンをパシャ

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:T4.5
SS:1/160  ISO:100 露出補正:+1 WB:AUTO
RAW編集

スイセンは春を感じる花ですよね。α7ⅡにSTFレンズを装着して撮影しました。
白とびしそうな位の花びらも綺麗ですが、花の中央部に見える濃い黄色がとても綺麗でした。春の陽が順光で当たっていてとても良い雰囲気になりました。群生もたくさん見られるスイセンですが、一輪が好きです。


「庭先に出てきた新芽」

STFレンズを使って撮影した庭先に出てきた新芽の画像

どんな花が咲くのだろう?

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:T4.5
SS:1/160  ISO:320 露出補正:+1 WB:AUTO
クローズアップレンズ RAW編集

大地から新たに芽が出ていたのでパシャり。パートカラーっぽく仕上げました。
STFレンズに付けたクローズアップレンズでピントの合う50cmくらいまで寄って撮りました。小さく可愛らしい感じの新芽くんですから、今後も見守っていこうと思います。


「春を告げるつくし」

STFレンズを使って撮影したつくしの画像

つくしが春を告げる

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:T4.5
SS:1/500  ISO:100 露出補正:+0.0 WB:太陽光
クローズアップレンズ RAW編集

道端ににょきにょき生えていたつくしを撮ってみました。春の定番ですが、やはり見てると春を実感します。小さな青い花もたくさん咲いており、STF特有の滲むような背景ボケを活かして、つくしを浮き立たせることができました。暖かい日差しにも後押しされて可愛い1枚になりました。


「可憐に咲く白い野花たち」

STFレンズを使って撮影した可憐に咲く白い野花の画像

可憐に咲く白い花たち

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:T4.5
SS:1/200  ISO:100 露出補正:+0.0 WB:太陽光
クローズアップレンズ RAW編集

名前がわからないのが切ないですが、これも可愛らしいお花で気に入りました。白い花びらと、中心部に黄色い5角形の模様が素敵でした。手前の左の花にピントを合わせていますが、そのまわりの葉も生き生きとしており、撮りながら元気をもらえたような気がしました。


「新たなイノチ」

STFレンズを使って撮影したスイセンの新芽の画像

新たなイノチたちを発見

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:F4.5(T4.5)
SS:1/160  ISO:400 露出補正:+0.7 WB:太陽光
CS:Vivid ソフトハイキ―+ ズーム×1.4

スイセンの新芽と思われる植物を見つけたので撮影しました。若々しい表現にしたかったので、被写体はしっかり、背景はソフトな光をイメージしていましたのでカメラ機能のソフトハイキー+がとてもいい感じにしてくれました。
なんだかんだ言っても本物の春の陽がレンズにしっかり回った時、こうして春らしい被写体を撮るなら勝手に良い感じに撮れるものですので、あまり細かなことまではしませんでしたが、その場の空気感まで写せたのは良かったと思います。


「日差しを求める福寿草たち」

STFレンズを使って撮影した福寿草の画像

日差しを求める福寿草たち

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:F4.5(T4.5)
SS:1/320  ISO:320 露出補正:+0.7 WB:太陽光
CS:Vivid ズーム×1.4 JPEGレタッチ

春先の冷たい空気が残るの中を力強く咲き誇る福寿草をイメージして仕上げました。
かなり寄っての撮影ですからクローズアップレンズを使うか迷いましたが、面倒なので全画素超解像ズームを使ってみました。超解像ズームだとRAWで撮れないのが難点。それでも小さいお花をここまで被写体を大きく写せるのはありがたいですね。1.4倍くらいまでなら劣化もさほど感じないレベルです。
あとはクリエイティブスタイル(CS)をVividで彩度を+1してますが、それほど影響力はありませんね。綺麗だったのでなるべく黄色を強めに出して葉とのギャップを付ける狙いでしたが、それほどうまくいきませんでした。でも全体的には良い感じに仕上がりました。


「大きなつぼみ」

STFレンズを使って撮影した大きなつぼみ

大きなつぼみ

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:4.5(T4.5)
SS:1/10 ISO:6400 露出:+1.0 WB:太陽光
ズーム:×1.4 PE:ソフトハイキー

家にあったお花が気になりましたので屋内撮影です。
接写でもα7Ⅱのピクチャーエフェクト「ソフトハイキー」を使えば独特の描写に早変わりですね。そのままだとイメージと違いすぎるのでファンクションでセッティングを微調整してみたり、しなかったり。これはなかなか楽しいアプリだと思います。ちなみに無料グレードアップすると「ソフトハイキー+」になって機能が増えます。
それと手前と奥にもつぼみがありますがSTFレンズによってとても綺麗なボケとなって溶け込んでます。こういった画像を見てるとSAL135F28はとても素晴らしいと思いますね。


「土から顔を出す新芽たち」

STFレンズを使って撮影した庭の植物の芽吹きの画像

春が近づき芽吹きはじめました

α7Ⅱ+SAL135F28 135mm F値:4.5(T4.5)
SS:1/160 ISO:200 露出:+0.7 WB:太陽光
ズーム:×1.4 JPEGレタッチ

雪の下だった庭の花壇に春の気配がしました。スイセンの芽だと思いますが、小さいのに青々と元気よく芽吹いておりました。
WB(ホワイトバランス)は「太陽光」に設定。新芽のイキイキとした感じをだしつつ、回りの土の質感も見た目に近づけました。こういった被写体を撮影するなら晴天が必須ですね。澄んだ空気感もぜんぶ切り取れますので。
もう少し絞っておけば広範囲を鮮明にできたなぁと思ったりもしていますが、SAL135F28を使う時ははついSTF側のT4.5(ボケ重視)に設定してしまいがちですね。これがこのレンズを活かすのに一番良いでしょう。


まとめ

・ポートレートに強いレンズであるので、花なども1点集中フォーカスで使うと美しく撮れる。
・STFはボケ特化レンズ。被写体以外をボケさせるならT4.5で使うことで活かせる。
・背景ボケも前ボケも自然で、滲むように溶け込む感じで大変美しい。
・ピント部分はカリカリでも、背景をボケさせて露出をちょい上げすれば柔らかな花を撮れる。
・お花には春の柔らかな陽が順光だと良く撮れますが、色んな角度でもトライしておきたい。
・クローズアップレンズを使うと最短撮影距離を縮められ、小さな花も大きく撮ることができる。
・野花の生き生きした姿や、瑞々しい葉もSTFレンズは忠実に描写できる。
・ピクチャーエフェクトは使い方によってとても良い表現力を発揮できる。
・晴天の野外が最も野花たちを高い解像感で綺麗に撮影することができる。
・MFのためシビアなピント合わせが必要だが訓練して上達したい。
・上手く撮影出来た時、カメラが楽しい!と思えるレンズである

-PHOTOブログ, sony STF(135mm)
-, , , , , , , , , , , ,